さざ波と音楽で紡ぐ、とっておきの秋の夜!

さざ波と音楽で紡ぐ、とっておきの夜

日替わりプロデュースによる森のステージ!

日替わりプロデュースによる
森のステージ!

原田侑子 day

10月11日(金)

原田侑子の音楽仲間達によるステージ

原田侑子  (14:20 - 15:00 )
岩国市出身のシンガー・ソングライター。
昨年の山口ゆめ花博イメージソング『ゆめの種』など、精力的に作品を発表。
全国的に活躍する、山口県を代表するアーチストのひとり。
現在、「家族の音」が丸久グループのCMとして、テレビ、山口広島地区のアルクなどの丸 久グループ店内でオンエア中。
WEB SITE



MOGURA from 東京  (10:30 - 11:10 )
Vo /拓郎(兵庫県生まれ、熊本県育ち)Gt /T2(大阪府生まれ)からなるアコースティックデュオ。2014年大阪から上京しMOGURAを結成。地域に愛されるアーティストを目指し、東京都狛江市を中心に音楽活動をスタートさせる。2018年4月14日には1つの目標であったエコルマホールにて500人のワンマンライブを成功させる。
 
《リリース情報》
2018年5月5日全国リリースとなった新作は3曲入り・シングル・タイトルは「blue line」
結成から4年を飾る2人が魅せる作品は前作よりも力強く1つの新たな始まりを感じさせてくれる。テーマは「色と香り」。出会いと明日への希望を歌った「青く」、疾走感溢れるポップロックナンバー「Free!!!」、余韻が残ること間違いなしの珠玉のバラード「雨のメロディー」の全3曲。Amazon、iTunesでも配信中。
WEB SITE / Blog / Twitter / Instagram
 


坂本 タクヤ from 千葉  (11:30 - 12:10 )
千葉県松戸市出身、ピアノ弾語り、シンガーソングライター。
2012年9月に活動開始。
2015年 TBSオーディション番組『sing!sing!sing!』に出演。
2017年 音楽プロデューサー稲毛謙介氏の楽曲オーディションに応募し735曲中20曲に選出され、敢闘賞に選ばれる。
2018年 横浜O-SITEにて、濱田貴司ソロワンマンライブに、ゲストボーカルとして参加。
 KFB福島放送×UX新潟テレビ21 共同制作番組2018
「内緒にしておけない!? “隠れ名物”第3弾! 新潟×福島 珍道中」テーマソングを担当。
2019年6月度テレビ朝日系列 KFB福島放送『ヨジデス』エンディングテーマソング担当。
 現在はシンガーソングライターとしての活動の他に、アーティストやカフェの写真撮影や、学校関係の講演会・演奏会での学生とコラボ、アーティストのコーラス、ピアノサポート活動、地元・千葉県松戸市では、地元を盛り上げたるために主催イベントや、
市のイベントなどにも携わり企画運営なども行っている。
 
WEB SITE / Twitter / Facebook
 


台風の影響で交通機関不良のため出演中止
 
山崎アヤ from 北海道  (13:30 - 14:10 )
北海道旭川市出身のシンガーソングライター
2011年より札幌市で活動開始
独特のメロディーの中に温かく優しい歌声が聴く人の心に響く。
2枚の自主制作盤を経て、2019年4月10日にWESS RECORDSより1stシングル「スタートライン」をリリース。タイトル曲の「スタートライン」はHBCラジオ2019年4月度の推薦曲に選出される。
札幌・地元旭川を拠点に道内各地・全国各地でも精力的なライブ活動を展開中。
 
WEB SITE / Twitter account : @aya_mazaki / Instagram

辻畑鉄也 (13:30-14:10)
アニメめぞん一刻テーマ曲シネマから最新曲まで!
ロックバンド ピカソのリーダー。
ピカソは、1984 年に『本気 ! トリッキーレディ』でデビュー。1986 年、アニメ「めぞん一刻」のエンディングテーマ『シ・ネ・マ』『ファンタジー』『ビギン・ザ・ナイト』がヒット、『シ・ネ・マ』はその年の 50 週連続チャートインという ロングランを記録。アニメファンを中心に幅広い層のファンを獲得する。 海外のファンも多く、実験的なサウンドが特徴。
ゆめ花ミュージックフェスタでは、ひとりピカソとして、往年のヒット曲を中心に、新曲を交えたアクティブなステージを披露!
 
WEB SITE


DJ黄 a.k.a KEYROYBEATZ  (12:15 - 13:15 )
Lunch Time Selection
みなさんの昼食を楽しくさせる選曲で参加します!
 
山口県で在日三世として生まれ、10代中旬でHIP HOPに巡り会う。2003年から上京し渋谷六本木中心にCLUB DJとして活動。のち、在日コリアンRAP UNIT「KP」のDJとなりNHK教育チャンネル韓国語講座にレギュラー出演したり、地球一周の船旅にPA/DJで乗船するなどマルチな活動で注目された。
BLACK MUSICを中心に好みの曲はジャンルレスに取り込む。
DJとしてだけでなくビートメイクやラップ、パーティーの主催など多様な表現法を用い、人と人を繋げる。
こんな時代だからこそ、フィジカル推進!

ゆめ花 rock day

10月12日(土)

山口県内のロック系バンドによるステージ

エレキぼんじ(長門)
ぼんじがエレキギターを持ちバンドスタイルで演奏する時の名称。通常三人での演奏。レギュラーメンバーはドラム小坂榛名、ベース古野あゆみ。ヘルプメンバーと演奏する機会も多い。
今どきギターソロかよ的な古臭いロックの最新型。


DSKZU(ダイスケズ)
イシカワダイスケを中心に、需要があればメンバーを揃えて活動しています。
イシカワダイスケの楽曲をバンドアレンジでお届けします。


Hyper Dunk
2002年結成
ファンクテイストを取り入れたオリジナル楽曲で、山口県内を中心に活動。
宇部市のライブハウス「BIGHIP」でのマンスリーイベント華麗衆ナイトも今年で八年目に突入した
bass&vocal  よーねん
drums&chorus   バニー
guitar &chorus 大西さん
 


Giant Soul
ソウルフルな唄声とでジャジー&ブルージーな演奏と玄人好みの楽曲。
ユニットとしての歴は浅いがメンバーそれぞれが実力派で多方面で活躍している。
数々のツアーミュージシャンからオープニングアクトやセッション演奏のオファーも多い。


Morning Set
女性ヴォーカルのポップスバンドで、35年以上アマチュアバンドを継続していることが何よりのセールスポイント!
メンバーの中核は中学校の同級生であり、仲の良いメンバーから繰り出されるグルーブ感溢れる良質のポップスサウンドが特徴。


ROZWELLS
リーダーでもありBa/Voを務めるカクヨウジは、90年代からラスティックパンクバンド"青春不良楽団"で活動。
数タイトルのデモ音源の自主リリースを経て、2013年初のフルアルバムを自身のレーベル"ONEPINT RECORDS”からリリース。
青春不良ピュアパンクロックが満載の楽曲ライブステージは全国にファンを持つ。
山口県の音楽シーンに欠かせないパンクロックバンド。
 
WEB


G clu
ハードギターサウンドにホーンセクションを融合させ独自のジャンルを切り拓く!
県下最西端の下関から5人のジェントルマン参上です!


Shin Mizutani
キャッチーなメロディーとユーモアたっぷりなパフォーマンスには定評があり、
周南市を中心に県内外で活動中。


長州ボンバー
2013年12月活動開始
結成前から山口県内の様々なライブ会場やイベント会場に出演し、注目を集める。
バンドでのコンテストや大会への出場こそないが、結成前より培われたメンバーそれぞれの演奏技術や楽曲作り、ステージでの演出は、観る者の魂に力を与える。
山口県から最高のrock 'n' rollを届けるため冠に「長州」、聴く者すべての魂を一度ぶっ壊して新しくする意味を込めた「長州ボンバー」。 
メンバー:Vo/Gt:菊池慎一郎、Ba/cho:ボヘミアン尼崎(山陽小野田市在住)、Dr/cho:東嗣紀(宇部市出身)、Egt/cho:原田慎平(阿知須出身)
 
WEB


zima-PROJECT
宇部山口を拠点に、80年代を中心に昔懐かしいハードロックの名曲を、屈指のパワーボーカルと超絶早弾きで聴かせる4人ユニット。


Super Sadistic Street Sessions
メンバーは各々メインバンドで活動しつつも、自由なセッションをコンセプトに結成された選抜バンド。
よってライブペースはメンバーの都合次第なので超スローでも、演奏はスピード感あふれ、サクソフォンをフューチャーしたINSTRUMENTAL BAND。
主に宇部市、県内で活動中。

辻畑鉄也 day

10月13日(日)

県内トップクラスの音楽家達によるスペシャルステージ

辻畑鉄也 (14:50-15:30)
アニメめぞん一刻テーマ曲シネマから最新曲まで!
ロックバンド ピカソのリーダー。
ピカソは、1984 年に『本気 ! トリッキーレディ』でデビュー。1986 年、アニメ「めぞん一刻」のエンディングテーマ『シ・ネ・マ』『ファンタジー』『ビギン・ザ・ナイト』がヒット、『シ・ネ・マ』はその年の 50 週連続チャートインという ロングランを記録。アニメファンを中心に幅広い層のファンを獲得する。 海外のファンも多く、実験的なサウンドが特徴。
ゆめ花ミュージックフェスタでは、ひとりピカソとして、往年のヒット曲を中心に、新曲を交えたアクティブなステージを披露!
 
WEB SITE


原田侑子(14:10-14:40) 
岩国市出身のシンガー・ソングライター。
昨年の山口ゆめ花博イメージソング『ゆめの種』など、精力的に作品を発表。
全国的に活躍する、山口県を代表するアーチストのひとり。
現在、「家族の音」が丸久グループのCMとして、テレビ、山口広島地区のアルクなどの丸 久グループ店内でオンエア中。
WEB SITE



水本愉 (13:30-14:00)
山口県防府市出身のシンガー・ソングライター。
2008年、シングル「月が笑う」でデビュー。
2010年、代表曲「美しいひと」のPVが映像関係者の目に留まり、ダマー国際映画祭にて特別上映される。
それに伴い、同楽曲が広島テレビ「進め!スポーツ元気丸」のエンディングテーマに採用される。
2011年、映画「少女たちの羅針盤」にミュージシャン役として出演、楽曲も披露した。
2014年、韓国ツアーを決行。
10月よりネッツトヨタ山口のCMソングに「ネガイゴト」、2015年6月より「JENGA」、2015年12月より「世界を超えて」、2016年11月「ワーク・ソング」が採用される。
2016年8月、レノファ山口認定ソング”Orange"をリリース、スタジアムでも披露した。
2017年、自身初となる山口県内ホールワンマンツアーを開催 
WEB SITE
 


ソレイユ with クニ(10:50-11:20) 
ソレイユトリオは、ヴァイオリン平野郁乃、フルート吉岡歌子、ピアノ脇淵陽子の3人によるグループで、クラシックを始め、ジャンルを超えた音楽をオリジナルアレンジで演奏し、幅広いレパートリーをもつ、クロスオーバートリオです。山口県内はもちろん、県外での演奏活動も積極的に行なっており、2018年に行われた山口ゆめ花博では、「ゆめ花クリエーターズ」として、各地でのコンサートを通して花博をPRし、花博にも出演しています。着物での演奏で山口県の観光地のPRをしたり、歩きながらジプシースタイルでの演奏や楽器体験など、新しい音楽体験を提供しています。
2019年7月に、初のミニアルバム『Kirara』をリリース。FMサンサンきららの音楽番組『Soleil Music Street』月曜11:00〜11:55  オンエア中。
今回は、ヴァイオリンの平野郁乃と、ピアノの脇淵陽子に、パーカッションのクニ(國森重信)が加わり、「ソレイユwithクニ」として、迫力あるステージをお届けいたします。
 
ソレイユトリオホームページ


西広ショータ (11:30-12:00)
山口県山陽小野田市出身。
清木場俊介(宇部市出身 ex EXILEメインヴォーカル)に楽曲提供を行うとともに2008年からは、ともに「唄い屋」を名乗り活動を行う。
独特な世界観から生み出される「詩」とその楽曲に、日本全国にコアなファンを持ち、マイペースながらも常に次のステップを踏む彼に期待する人々は多い。

 


なかよし(nacayoci) (12:10-12:40)
ノッポとメグの夫婦2人からなるダンスユニット。
2013年からノッポの故郷である山口県を拠点に活動。
主に県内外のダンスバトルで活躍し、西日本を中心に注目される大会で1on1、2on2ともに好成績を収め、実力派夫婦ダンサーとして知られる。
近年ではプレイヤーとしてだけでなく、県内外でジャッジやWS、ショーケースなど活動の幅を広げながら、山口県内で自身らが踊り続けているロックダンスを広めるべく、ダンス教室等の活動やNHKにテレビ出演するなど、ダンスの魅力を伝える活動を行なっている。
2018年3月には山口県から新たなダンスイベントの形を発信するべく美祢市の廃校にてダンスバトルとマルシェを融合したイベント「PLANET9」を主催。全国各地のダンサーを山口県に集め、ジャンルを超えた取り組みに参加者、出店者、メディアから多くの反響を集めた。
今回は食後の軽い運動に簡単なダンスステップをオーディエンスに紹介し無料レクチャーします。是非参加してください。


バンブー・レゾナンス やまぐち (10:00-10:40)
県民楽団「やまぐちバンブーオーケストラ」のひとつとして2005年(平成17年)5月に結成。   
使用する竹楽器は全て、県内の竹を使った、楽団員やボランティアによる手づくり。
「国民文化祭やまぐち2006」や「第63回全国植樹祭やまぐち2012」、「平成30年度全国都市緑化祭」など全県的な公式行事での演奏のほか、医療、社会福祉施設での演奏等、地域に根ざした活動を通じて、竹ならではの魅力を発信している。
代表:永田 実穂  団員数:11名
 


高橋真実 (12:50 - 13:20)
周南市出身のシンガーソングライター。
2018年、SUCCESS PROMOTIONに所属し、現在までオリジナル曲を32曲制作、リリース。
山口県を中心に県外のイベントなどにも多数出演。
今年1月には、佐賀少年刑務所慰問ワンマンライブも実施。
11月4日(祝)山口県下関市で開催される吉田栄作Acoustic live in 下関にオープニングアクト出演決定。
人の気持ちを生き物目線から伝える歌に注目してください。
WEB SITE

FMY produce stage

10月14日(月・祝)

FM山口プロデュースによるステージ

陣内大蔵(14:20-15:00)
シンガーソングライター。54歳。宇部市出身。関西学院大学神学部在学中の’88年に、シングル「いと小さき君の為に」、アルバム「MORATORIUM」でメジャーデビュー。以降、「深呼吸」・「空よ」・「心の扉」・「新しい風」・「僕は風 君は空」などのヒット曲を含む11枚のオリジナルアルバムをリリース。数々のTV番組主題歌・CMソングなどを手がけ、作家としても少年隊・吉田栄作・永井真理子・チャゲ・沢田研二、等に楽曲を提供(今春リリースの元キャンディーズ・伊藤蘭ソロデビューアルバムにも曲を提供)。スーパーバンド「Vibes」にもボーカルとして参加 。2枚のアルバムをリリース [ メンバー : 斉藤ノブ・野呂一生(カシオペア)・難波弘之・小林信吾・松原秀樹・江口信夫]。 その他、ラジオDJ ・専門学校講師・プロデュース・山口ふるさと大使、など活動は多岐に渡る。大学時代に中座した学びを再開し、’07よりキリスト教の牧師という横顔も持つ。昨年のデビュー30周年記念ライブには永井真理子・吉田栄作らもステージにかけつけ、盛況に終了した。今春は、近年コラボライブを続けてきた盟友のYASS(LORAN)とともにコラボアルバム「Sweet Dreams」をリリースした。


GAO(13:45-14:05)
山口県徳山市(現・周南市)出身
1990年 NHKヤングバトル第一回グランプリ獲得。
1991年 メジャーデビュー。
独特のハスキーヴォイスを持つ女性アーティストとして注目をあつめる。
1992年 セカンドシングル「サヨナラ」が約130万枚のミリオンヒットとなる。
NHK紅白歌合戦出場 2回(92年、93年)、ドラマ主題歌、CMなどタイアップ曲多数発表。
2008年自主レーベルを設立し、音楽制作、イベント企画、オリジナルファッションブランドなど独自のアーティスト活動を展開中。


MIKKO(13:00-13:30)
周南市出身 シンガーソングライター。
くだまつ観光大使、レノファ山口FC公式テーマソング
「スタートライン~All For Team~」制作歌唱を務める。
エフエム山口「MIKKOのHAPPY SMILE☆」(毎週金曜日18時25分~)パーソナリティ。
県内外を中心に活動中。今年11月6日にデビュー10周年を迎える。


おかはち(11:30-12:00)
1956年11月8日。福岡市生まれ。62歳。大濠高校中退、福岡中央高校卒。
横浜放送映画専門学院TV制作科中退、福岡大学法学部中退。
現在、おかはち事務所代表。
九州でも珍しい、ウクレレを弾きながら軽妙にラジオでしゃべるコピーライター。福岡のラジオ局5局すべてで、レギュラー番組をもった経歴を持つ。エフエム山口では大人の音楽番組「FMY POP STARS」を担当した経験も持つ。イベント、ステージ司会、ウクレレ演奏など多彩。福岡、古賀、佐賀でもウクレレ教室を主宰。コピーライターとしても、数々のCMソングを作詞、作曲。ユニクロ1号店から80号店まで広告計画、CM制作もてがけた。現在、福岡コピーライターズクラブ会員。日米協会福岡支部会員。日本野鳥の会会員。


宮本ハジメ(12:15-12:45)
岩国市錦町出身。1960(S30)年5月24日生まれ。
山口市内の有名百貨店勤務経験あり。
2001(H13)年 脱サラにて湯田温泉にフォークBar「ゼンマイじかけのカブト虫」をオープン。
エフエム山口「ザ・週間フォーク王~まだまだ、人生、語らんよ~」
(毎週土曜日 18:00-18:30)パーソナリティ。


惟織(10:00-10:30)
山口学芸大学2年生。
高校卒業と同時に活動を始め、ソロでの弾き語りやアコースティックコピーバンド「ハジマリノウタ」のボーカルとして宇部や山口を中心に活動中。


金子昌樹(10:45-11:15)
1997年8月22日生まれ、山口県山口市出身。
18歳の時に福岡県に行きギターを始め、オリジナル曲を作り始める。
20歳で山口に戻り、現在福岡と地元山口を中心にライブハウスや各地のお祭りなどで活動している。 
伸びやかな声と心に訴えかける楽曲によって独特の雰囲気を作り出す。
 
 WEB SITE

Tシャツ、トレーナー、トートバッグなど各種!